お酒を飲んだら脱毛NG

脱毛に勤しむ女性
私は愚かな人間だと自分で思います。

脱毛施術当日なのを完全に忘れていて、アルコールを飲んでしまったのです。

朝方まで飲酒してを家に帰ってきてわずかな睡眠を取りました。

その上起きた時にふと何かを忘れている事に気づいたのです。

スマートフォンの予定を見て血の気が引きました。

私はこの日に脱毛があった事をスッカリと忘れていたのでした。

大慌てで着替えて、私は脱毛サロンに行く支度をしたのです。

ショップに入ったら二日酔いみたいに頭がガンガンしていました。

他にも眠気も襲ってきます。

現実に具合は良くなかったです。

その上ショップの方にたくさんと聞かれて「多少二日酔いなんですよ」と話したら「若干待って」と言われて待たされました。

その上脱毛は辞めた方が良いと言われたのです。

スタッフさんが言うには体が火照ったりした健康状態の悪いままで脱毛をすると肌に影響が出る事があるみたいです。

そうすると脱毛後に肌が炎症する確率が高まると聞きました。

前にお酒は飲んだらダメだと用心しているはずですと言われて、そう言えば言われたかもしれないと考えました。

結局その日は説得の上、脱毛ができなかったのです。

すごく落ち込んだけど、でも肌荒れするよりはマシかなと思い直しました。

お酒を飲んで火照った体では脱毛を止められる事があるみたいです。

さらに脱毛の解説を良く聞いて入れば良かったと思ったし、前日まで脱毛の事をスッカリ忘れていた自らを恨みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です