脱毛するまでの忍耐

私はすっごく脱毛で迷いました。

でもニードル脱毛は受けなくて正解です。

私は日焼けをしすぎているという要因から光脱毛やレーザー脱毛ができないと言われてしまったのです。

それをどうにかしたくて脱毛可能な技術を話し合いました。

そしたら「ニードル脱毛なら可能な」と言われたのです。

日焼けをしていてもこの脱毛なら可能なと言われて、私は直ちににでも飛びつきたい心境になりました。

けれどもです。

その後に解説された事で、心が揺れました。

日焼けをしていてもニードル脱毛は受けられますが問題があります。

それはこの脱毛メソッドは相当痛いという事でした。

痛さがありきたりよりも数倍すごいと言います。

脱毛の手順を聞いて承知です。

だってこの脱毛って私の毛穴に針をさしてそこから微弱ではありますが電流を流すという技術だそうです。

こんなの痛くないわけないです。

あまりに痛そうな脱毛手法に私は二の足を踏んでしまいました。

この脱毛を受けるかそれとも日焼けが治って白くなるのを待つかどっちと選択を迫られて、実際は待つ方を選択しました。

脱毛を諦める気はさらさらないのです。

脱毛は必ずに今後受けます。

ただそれはニードル脱毛以外でしようと考えました。

痛いの嫌ですからね。

オンラインで脱毛の事を見ていたケースにニードル脱毛を受け、途中で苦しみに耐えれなくなって辞めたという投稿を読みました。

それを見て私はそこまで痛い脱毛は私には理不尽と決断したのです。

ひとまず焼けた肌の色を戻して脱毛が可能なまで待つ事にします。

脱毛について考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です